報道各社の皆様へ

 

 いつもお世話になっています。

 先日来、お伝えしておりました「マスターズ甲子園2021長野県大会」の第1回実行委員会を

本日28日、2会場に分けて開き、その中で組み合わせの抽選を行いました。

 抽選結果は、当連盟のホームページ https://www.nagano-hb-obog.com/ 

に掲載しましたので、ご確認ください。

 概要を下記にまとめました。追って、HPにも掲載します。

ご参考になさっていただければと思います。

 

 このメールには、抽選模様の写真3枚も添付しました。適宜、ご使用いただけます。

採用の場合は「長野県高校野球OB・OG連盟提供」と付記していただけるとありがたいです。

  写真・東北信1:東北信地区の抽選風景=千曲市桜堂の千曲市総合教育センター

 

  写真・中南信1:開幕試合の対戦が決まり、グータッチする松本第一(右)と松本工業の実行委員=岡谷市長地権現町のおかや総合福祉センター(準備中)

 

  写真・中南信2:中南信地区の抽選風景=岡谷市長地権現町のおかや総合福祉センター

(準備中)

 

また、本日の実行委員会で承認された「大会要綱」と「大会規則」も添付していますので、ご覧ください(赤字部分は今回の変更点です)。

 「開幕試合は5月8日の松本第一vs松本工業戦 マスターズ甲子園長野県大会の組み合わせ決定」

 今年12月に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催される「マスターズ甲子園2021」の出場権をかけた長野県大会(主催:長野県高校野球OB・OG連盟、共催:朝日新聞長野総局、信濃毎日新聞社)の組み合わせが2月28日に決まりました。この日、第1回実行委員会が、東北信地区は千曲市総合教育センターで、中南信地区はおかや総合福祉センターでそれぞれ開かれ、その中で計40校のOBチーム実行委員による抽選の結果、予選ラウンドの対戦カードは当連盟HP掲載の別表の通りとなりました。

 県大会の開幕は5月8日(土)。伊那スタジアム(伊那市)での中南信地区3チームによるリーグ戦のうち、第1試合の松本第一対松本工業戦が開幕試合となります。準決勝までは両地区ごとに行い、それぞれの地区を制した2校による県大会決勝戦は9月19日(日)に松本市四賀球場で予定しています。優勝校は、一昨年の県大会の覇者・長野日本大学と9月23日(木・祝)に四賀球場で対決する代表決定戦に臨み、その勝者が12月のマスターズ甲子園2021の本大会(期日未定)の第2日第3試合で埼玉県代表と対戦します。

 長野県からのマスターズ甲子園参加は2018年が初回で、このときは県選抜チームが奈良県代表に7ー0で快勝しました。2度目の出場時には単独チームを派遣することに決定済みです。本大会出場権を得られなかった2019年は県大会優勝校(長野日本大学)が代表決定戦への出場権を獲得し、コロナ禍で県大会、本大会とも中止となった昨年を経て、今年が仕切り直しのシーズンとなります。

 池口 良明・長野県高校野球OB・OG連盟会長の話 「昨年はコロナ禍で大会を中止せざるを得ませんでした。2年ぶりの大会開催に向けて抽選会を無事に完了し、うれしく思います。長野県として2度目のマスターズ甲子園本大会出場となる今年は、初めて単独チームの派遣となります。コロナ禍で大変な生活を余儀なくされている県民の皆さん、中でも子どもたちの元気につながる県大会にしていきたいです」

 以上、よろしくお願いいたします。

 お問い合わせは、山田までお願いします。携帯:090ー3080ー3090

  長野県高校野球OB・OG連盟 副会長(広報担当)

  山田 雄一

写真・東北信1:東北信地区の抽選風景=千曲市桜堂の千曲市総合教育センターの様子